2014年09月

どうもおはこんばんちわ、ryo です
久しぶりの更新ですが、しっかり
やっていきましょう


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はタイトル通り粘土を探す旅
にでたいと思います。
出掛ける方向は、家をでて左の
森のほうです
(匠は気にしない)
森の奥にこんな地形が......
(すげぇ家たててぇ)
おお湿地だ!
今度蓮の葉を取りに来よう
(取り忘れたなんて言えない)
湿地の奥はメガタイガか〜
(そんなに松の木いらねえよ)
メガタイガを抜けたら、海だー

おや、あれは村じゃあー りませんか
鍛冶屋のチェストはこんな感じ
(イカスミしかいらね)
なんやかんやあって無事家まで
帰ってきました
今回の成果



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の記事はいかがでしたか?
久しぶりの更新ですが、
これからもやっていきますので
どうか、暖かい目で見守りください
それではまた次回、さよなら〜( ^_^)/~~~



相互リンクは、ホームにリンク集が
ありますので、そちらをご覧ください

こんばんは、ryoです!
今回も、前回の続きで本拠点を
完成させていきます!
それから坑道に向かう穴を
軽く整備しました!


それでは残りの、
屋根を作っていきましょう!
素材は丸石ハーフを使います
一番外側は、このようにひさし
みたいな感じにします
貼り終えました
どんどん内側も貼っていきます
けっこう貼りました
あ.....数がたりn
全部貼り終えました!
いや建設早々リホォームは
いりませんから
上からみた図

今回の拠点は、けっこういいかんじに
できました!
次回は何をするか未定ですが、
気長にお待ちください!
それではまた次回、
さよなら〜( ^_^)/~~~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相互リンクの方です

独立様
少佐様
モデルP様

お久しぶりです!ryoでございます
今回は本拠点を建てていくのですが、
まだ未完成なので二つの記事に分けて
書いて行こうと思います。
それではやっていきましょう!

その前にお知らせ
前回の記事で書いたスケルトンの
スポーン部屋ですが、
特定してやりました!
なのでいつかそれを使ってトラップを
作ります!期待しててくた

今回拠点を建てる場所ですが、
前回建設した橋を渡りきって階段を
登ったところにある土地に建設します!
(SS取り忘れてました。
わかりにくくてすみませんm(_ _)m)
まず木を切って、
整地して、
柱を建てていきます!
そしたら床を貼って、
テラスを二つ作りました!
なお、山側のテラスには山のほうに
橋を掛けるつもりなので、いつか
また橋を建設します!
窓をつけて、
微調整!
上からみた図
今回はここまでです!次回には完成
します!それではまた次回
お会いしましょうさよなら〜( ^_^)/~~~



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相互リンクをしてる方です
独立様
少佐様
モデルp様

お久しぶりですryoでございます
さて今回タイトルはどういうことかと
いいますと、
ワールドデータが
ぶっ壊れました
まじでぶっ壊れました
死んだら、このようにスケルトンの
スポーン部屋にリスポーンして、
何度もはまってしにまくってました
(画像はピースフル状態です)
なので次回から新ワールドになります
作りかけだった本拠点も、
せっかく作った橋も全部消えて
1からやり直しですが
どうにか頑張ってやっていきますので、
応援どうかよろしくお願いしますm(_ _)m
次回の投稿は、三週間以内には
しますので、少々お待ちください
それではまた


"追記"
ワールドデータが治りました!
これでまた同じワールドで
遊べます!
お騒がせ致しました!

こんばんは、ryoです!
今日はタイトル通りに、向こう岸に
橋を掛けたいと思います
それでは始めていきましょう


ですが、橋建設の前に犬
を仲間にしました。
名前は現在考え中です、いい名前が
あったらコメント欄に書き込んで下さい
それではやっていきましょう!
今回橋を掛けるのは、ここです!
それではザーッとやっていきましょう
まずは、土地を広げて
柱をたてて道を敷いていきます
そしたら、この前の場所に階段を置き、
スムーズに登り降り出来るようにします
そしたら無駄な土地を削って
端だけ軽く整備して、
完成!
上からみた図


__________________________________________________________________
今回はここまでです!
次回は本拠点を建てていく予定です!
建てる場所は、
整備した橋と階段を登ったあたりに
作る予定です!
それでは皆さんまた
次回お会いしましょう
さよなら〜( ^_^)/~~


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相互リンクをしてる方です
独立様

↑このページのトップヘ